「大人になりたいか否か」は、大人に対する率直な評価だ

「はやく おとなに なりたいなー」

というのはうちの三男(4歳)の口癖。

「ママはいいなー、自分でご飯が作れて」

「ママはいいなー、一人で電車に乗れて」

と、そんなレベルで大人になりたいらしいけど。笑。

 

IMG_5503

 

でも、自分よりできる人を見てああなりたいなって思うのが

きっと、成長したいと思う原動力。

 

長男は小学3年生。

ちょっと賢くなってきたのか、

「大人は色々自由にできて良さそうやけど、

仕事しないとあかんしな、用事もあるしな、結構忙しそうやな。

子どもの方がいいやろか。」

と色々考えているようでこれまたおもしろい。

 

子どもたちに伝えたいことは山ほどあるけれど、

心のどこかでずっと覚えていて欲しいことはちょっとだけなんだ。

面白いんだよ、大人になるのって。

面白いんだよ、仕事をするのって。

いつまでたっても、人は成長できるし、変われる。

やりたいと本気で思えばきっと出来る。諦めなければ。

 

言葉では伝わりにくいことだから、

大人として、ちゃんと行動で示さないといけなくて。

時にちょっと大変だけど、とても大切なことなんだ。

 

「大人になりたくない」

「大人になりたい」

それは、子どもたちから大人に向けた、素直な評価だと思う今日この頃。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK